桃を食べ過ぎるとどうなる!?

桃と言えば、甘くて瑞々しい果物でそのまま食べてももちろん美味しいですし、様々なスイーツの材料にもよく使われていますよね。朝食にヨーグルトと一緒に食べる方もおられるでしょう。

桃のあの瑞々しさからもわかるように、そのほとんどが水分で構成されていますが、それだけではなくちゃんと栄養も含まれています。

まず、桃にはペクチンなどの食物繊維が含まれているので、腸内の調子を整えてくれる効果があります。水分も豊富なので、便秘気味の方には良いかもしれません。

また、桃にはカリウムも含まれており、体内の塩分の調整をしてくれるので、高血圧やむくみなどが気になる方にも良いでしょう。

そして、あの桃の甘味である果糖により疲労回復の効果も期待ができます。この果糖による疲労回復には即効性があり、他にもナイアシンやビタミンEも含まれていることから夏バテ予防として食されることも多いようです。水分も豊富なので水分補給も一緒にできますね。

そんな美味しくて身体にも良い食材である桃なら毎食食べたい!!

そんなあなたに「食べ過ぎ注意報。」

スポンサーリンク

桃にはソルビトールという甘味料の成分が含まれており、このソルビトールは過剰に摂取するとお腹が緩くなり過ぎてしまって下してしまうことがあります。軟便気味の人は食べ過ぎないようにした方が良いでしょう。

また桃に含まれる果糖は摂取し過ぎるとやはり中性脂肪となって太ります。桃のカロリー自体は高くなくてもやはり食べ過ぎには注意が必要になるでしょう。特に夜に食べ過ぎるとまずいことになるかもしれませんよ。

【結論】(⌒~⌒)

桃は美味しい!!

しかし・・・

食べ過ぎるとお腹を下してしまう可能性があります!!

また、単純に太ってしまうかもしれませんよ!!

「食べ過ぎ注意報。」

何でも食べ過ぎは良くありません(⌒~⌒)

栄養のバランスを心がけていきましょう(⌒~⌒)

「すもももももももものうち」ってのは違う。すもも(李)は桃ではない(´口`)

スポンサーリンク

皆さんが知っておかれるべき「健康情報ランキング」はこちらです。