蜂蜜を食べ過ぎるとどうなる!?

蜂蜜はケーキやトースト、ヨーグルトやレモネードなどに入れて食べられることが多く、他にも肉料理や魚料理に一緒に使われることもある人気の食材ですよね。

蜂蜜はご飯と一緒に炊くことでお米の甘味が増す効果もあるようです。

蜂蜜はその美味しさだけでなく、健康面でも非常に良い効果をもたらしてくれます

蜂蜜のあの甘みである糖分にはブドウ糖と果糖が含まれています。これら糖分は疲労の回復に一役買ってくれます。運動の休憩にレモンのはちみつ漬けを食べるのは、この疲労回復の効果を狙っているものですね。

また、蜂蜜にはカリウムも豊富に含まれており、体内の塩分の調整をしてくれるので身体の浮腫みの解消につながります。

そして、蜂蜜にはオリゴ糖やグルコン酸といった栄養も含まれており、腸内環境の改善に良い効果をもたらしてくれます。

他にも蜂蜜には様々なビタミンやミネラル、消化酵素が豊富に含まれていることから、免疫力アップに効果があるようです。

これからは毎日たっぷり蜂蜜を食べよう!!

そんなあなたに「食べ過ぎ注意報。」

スポンサーリンク

蜂蜜には多くの栄養や糖分が含まれているので、やはりカロリーは気にしておく必要があります。ですので、健康的だと思って食べ過ぎていると中性脂肪を溜め込むになるかもしれませんよ。

また、蜂蜜は適量であれば腸内の良い状態を保ってくれますが、食べ過ぎるとお腹下してしまうことがあるようです。

【結論】(⌒~⌒)

蜂蜜は美味しい!!

しかし・・・

お腹周りには気をつけてください!!

「食べ過ぎ注意報。」

何でも食べ過ぎは良くありません(⌒~⌒)

栄養のバランスを心がけていきましょう(⌒~⌒)

蜂同士で蜜の場所を教え合い、チームで動いているらしいです(´口`)

ミツバチ1匹が生涯で集める蜂蜜の量はスプーン1杯だとか・・・(´口`)

スポンサーリンク

皆さんが知っておかれるべき「健康情報ランキング」はこちらです。