りんごを食べ過ぎるとどうなる!?

りんごと言えばデザートの定番で、そのまま食べてももちろん美味しいですし、アップルパイや焼きりんごなどのスイーツだけでなく、カレーやポテトサラダに入れられることも多い食材ですよね。

りんごは栄養面でも優れています。風邪をひいたときには、すりおろしたりんごを食べられた経験があられるのではないでしょうか。巷ではりんごを一日に一つ食べればお医者さんにかからなくて良いなんて言われるほどです。

まず、りんごはペクチンなどの食物繊維を含んでおり、お通じの状態を良くしてくれ、腸内環境を改善してくれる効果を期待できます。特に皮を食べることが勧められています。

また、りんごに含まれるカリウムは体内の塩分の調整をしてくれます。顔の浮腫みなどの解消に一役買ってくれるでしょう。

そして、りんごに含まれているポリフェノールやケルセチンからは、活性酸素を抑制する抗酸化作用を期待することができます。

他にもりんごには疲労回復効果のあるクエン酸やリンゴ酸、様々なビタミンなど多くの栄養が含まれています。

そういうことなら、毎日食べられるだけりんごを食べよう!!

スポンサーリンク

そんなあなたに「食べ過ぎ注意報。」

りんごには豊富な食物繊維が含まれていますので、食べ過ぎるとお腹が痛くなってしまう事や下痢をしてしまう可能性があります。含まれている水分も関係しているかもしれませんね。

また、りんごは体内で消化する際にガスが発生するので、食べ過ぎるとおならの原因の一因となってしまうかもしれません。

そして、りんごは皮ごと食べることが栄養面では良いのですが、りんごの表面には出荷の際に落としきれなかった農薬が付着していることがあるようです。これは、どうしても気になるのでしっかりと水洗いをされることをお勧めします。

【結論】(⌒~⌒)

りんごは美味しい!!

しかし・・・

お腹を下してしまうかもしれませんよ!

しっかりと洗って食べましょう!!

「食べ過ぎ注意報。」

何でも食べ過ぎは良くありません(⌒~⌒)

栄養のバランスを心がけていきましょう(⌒~⌒)

りんごはお尻が緑色ではなく黄色のものが美味しいらしい(´口`)

スポンサーリンク

皆さんが知っておかれるべき「健康情報ランキング」はこちらです。