トマトを食べ過ぎるとどうなる!?

トマトはサラダや揚げ物などの料理の付け合わせにもよく使われるように生でも美味しく、イタリアンには必須の食材でピザやパスタにもよく使われる食材ですよね(⌒~⌒)

また、トマトジュースは長年愛されている健康志向なジュースですよね。

トマトにはリコピンという色素が含まれていることも有名で、抗酸化作用を期待できます。みんなの嫌いな活性酸素を退治してくれるということですね。

また、このリコピンが二日酔いの防止及び解消にも一役買ってくれるのも有名な話かもしれませんね。

そして、トマトに含まれているカリウムは身体の中の不要な塩分などを排出してくれて、むくみの解消や血圧の抑制をしてくれたりするようです。

「トマトが赤くなると、医者が青くなる」なんて諺があるくらいですから、やはり栄養面は素晴らしいようです。

医者が青くなるほど素晴らしい野菜なら大量に食べても良いんじゃないか・・・

スポンサーリンク

そんなあなたに「食べ過ぎ注意報。」

トマトには多くの水分が含まれており、身体を冷やしてしまう効果があるので、大量に食べると下痢になることがあるようです。

トマトには少し強めの酸味がふくまれているので、逆流性食道炎の方は過食は控えられた方が良いようです。

トマトにはみかんにも含まれているカロテノイドが含まれているのでこれを摂取し過ぎると、肌が黄色くなる「柑皮症」になることがあるようです。

スポンサーリンク

【結論】(⌒~⌒)

トマトは美味しい!!

しかし・・・

お腹をくだすかもよ!!

逆流性食道炎の方は控えめに!!

肌が黄色くなるかもしれません!!

「食べ過ぎ注意報。」

何でも食べ過ぎは良くありません(⌒~⌒)

栄養のバランスを心がけていきましょう(⌒~⌒)

生のトマトには、塩をかける派の人と砂糖をかける派の人がおられるようです(´口`)

スポンサーリンク

皆さんが知っておかれるべき「健康情報ランキング」はこちらです。