明太子を食べ過ぎるとどうなる!?

明太子はそのまま食べてもおつまみやご飯のお供にとても合いますよね(⌒~⌒)

生でも美味しいですが、少し皮の部分に熱を入れても美味しいですよね。また、明太子の入った明太オムレツや、たらこパスタなんかも人気のある料理です。

明太子は美味しいだけでなく良質なたんぱく質をはじめ、様々なビタミンなどの栄養もちゃんと含まれています。また、明太子にはDHAも含まれており、DHAには集中力や記憶力の向上を期待できます。

そして、明太子には唐辛子が入っていることが多いので、唐辛子に含まれるカプサイシンから脂肪の燃焼効果が期待できます。

ご飯にも合って、栄養価も良いなら毎日たくさん食べたい!!

スポンサーリンク

そんなあなたに「食べ過ぎ注意報。」

明太子がご飯に合う要素として、あの塩分は外せません。つまり、塩分がやはり気になるところです。塩分の過剰摂取は高血圧や動脈硬化につながるおそれがあるので、やはり要注意です(⌒~⌒)

また、明太子にはプリン体が含まれています。本来プリン体を多く含んでいるとされる食材と比べるとそこまで多いわけではありませんが、毎日毎日食べ過ぎることで痛風になるという可能性も考えておきましょう。

スポンサーリンク

【結論】(⌒~⌒)

明太子は美味しい!!

しかし・・・

塩分の摂り過ぎには要注意です!!

「食べ過ぎ注意報。」

何でも食べ過ぎは良くありません(⌒~⌒)

栄養のバランスを心がけていきましょう(⌒~⌒)

とある明太子のメーカーは、明太子の食べ放題をやっているとか・・・(´口`)

スポンサーリンク