レモンを食べ過ぎるとどうなる!?

レモンは、少し脂っこい料理をさっぱりさせるために使われたり、アイスやケーキの味付けにも使われる便利な果物ですよね(⌒~⌒)

レモンといえばビタミンCが多く含まれていることは皆さんもご存知だと思います。ですので、ビタミンCを摂取することで得られる風邪の予防や、肌の調子を整える効果が期待できそうです。

また、レモンにはクエン酸という、素晴らしい栄養も含まれています。あのレモンの酸っぱさは、このクエン酸から来ています。クエン酸を摂取することで、乳酸の働きを抑えてくれる効果があり、疲労回復などに一役かってくれます。アスリートが練習終わりなどにレモンのはちみつ漬けを食べているのはそういった理由からですね。

美味しくて疲労回復にもつながるなんて、、、レモンをたくさんたべよう!!

スポンサーリンク

そんなあなたに「食べ過ぎ注意報。」

レモンにはたくさんのビタミンCが含まれているので、レモンを食べ過ぎるとビタミンCの過剰摂取につながってしまいます。ビタミンCは一定量を超えると体内から尿として出てしまいますが、一度に過剰摂取するとお腹が緩くなり下痢につながることがあります(⌒~⌒)

そして、レモンを日々食べることでレモンに含まれる酸によって酸蝕歯になる可能性があります。酸蝕歯とは、歯が溶け出してしまうという恐ろしい症状です。

これに対処するには、レモンなど酸の強い食べ物を食べたあとに適切にケアすることが大事になるようです。注意点ですが、これはちゃんと歯を磨くということだけでなく、歯を磨くタイミングが大事になるようです。

もし、既に歯の表面が薄くなっているのなら、一度病院で診てもらった方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

【結論】(⌒~⌒)

レモンは美味しい!!

しかし・・・

お腹を下すかもしれません!!

歯のケアを大事にしましょう!!

「食べ過ぎ注意報。」

何でも食べ過ぎは良くありません(⌒~⌒)

栄養のバランスを心がけていきましょう(⌒~⌒)

輪切りのレモンを口に数枚放り込むという想像をしただけで口の中がすごいです(´口`)

スポンサーリンク