枝豆を食べ過ぎるとどうなる!?

枝豆と言えばビール、ビールと言えば枝豆というくらいこの組み合わせがマッチしているいう人は多いですよね

ビアガーデンで夜空の下、枝豆をおつまみにビールを飲むサラリーマンの画は容易にイメージできるのではないでしょうか。

また小さいお子さんも、大人にまじって黙々と枝豆を頬張ることもあるでしょう。あ、ずんだ餅もお忘れなく。

では枝豆の栄養価はどうなっているのでしょうか。

枝豆の栄養でまず覚えておきたいのはアミノ酸の一種であるメチオニンですね。このメチオニンはアルコール分解を促進して肝機能をサポートしてくれるので二日酔いを和らげてくれます。

また、枝豆には不溶性食物繊維も豊富に含まれているので、腸の動きを活発にしてくれるので便秘の解消にもつながります。

そして、枝豆は「畑のお肉」と呼ばれるほど豊富なタンパク質を含んでいることも要チェックですね。

こうなったら、ビールのおつまみは枝豆を大量に食べよう!!

スポンサーリンク

そんなあなたに「食べ過ぎ注意報。」

先ほども書いたように枝豆には不溶性食物繊維が豊富に含まれているので、過剰に摂取すると、消化不良を起こす可能性があります。

枝豆にはほとんどの方がお塩をふりますよね。このお塩・・・ついつい振り過ぎてませんかね?ついつい振り過ぎてしまうという方は塩分過多に注意です。

枝豆にはイソフラボンが含まれており、適度な摂取は身体に良い影響を与えてくれるのですが、過剰摂取するとホルモンバランスを崩してしまうことがあります。女性は特に注意ですね。

スポンサーリンク

【結論】(⌒~⌒)

枝豆は美味しい!!

しかし・・・

お腹こわすかもよ!!

塩分過多になるよ!!

「食べ過ぎ注意報。」

何でも食べ過ぎは良くありません(⌒~⌒)

栄養のバランスを心がけていきましょう(⌒~⌒)

枝豆は冷凍されたものでもそこまで栄養価は変わらないらしい(´口`)

スポンサーリンク