梅干しを食べ過ぎるとどうなる!?

梅干しは日本で古くから食べられているお漬物で、お弁当の白ご飯の上に乗っていたり、おにぎりの具材としても定番ですよね(⌒~⌒)

また、最近は本当に様々なお料理の味付けとしても使われることが多くなりましたよね。

梅干しの魅力は美味しいだけではありません。

梅干しにはクエン酸が豊富に含まれており、このクエン酸が疲労回復を促してくれます。

また、梅干しにカテキン酸が含まれており、カテキン酸には殺菌効果があり食中毒の発生を予防してくれます。ですので、外出先で食べるお弁当などで梅干しが使われているのはとても合理的なことなんです。

また、このカテキン酸には成長機能もありますので、お通じの良くない方にもおすすめです。

「医者を殺すにゃ刃物は要らぬ、朝昼晩に梅を食え」という諺があるほどですから、梅干しの栄養価が如何に優れているのかわかりますよね。

おかずとしても美味しくて医者いらずとなるのなら、梅干しをたくさん食べなくては!!

スポンサーリンク

そんなあたなたに「食べ過ぎ注意報。」

種類によって違うかもしれませんが、梅干しは塩分が非常に多く含まれているので、食べ過ぎると塩分過多になります(⌒~⌒)

塩分の過剰摂取は、高血圧や生活習慣病になる恐れもあります。

それに身体が浮腫んでしまうこともデメリットですね。

最近は減塩された梅干しも出ていますので、それを選んで食べるのが良いかもしれません。

スポンサーリンク

【結論】(⌒~⌒)

梅干しは美味しい!!

しかし・・・

塩分過多になるかもよ!!

「食べ過ぎ注意報。」

何でも食べ過ぎは良くありません(⌒~⌒)

栄養のバランスを心がけていきましょう(⌒~⌒)

梅干しは乗り物酔いにも効果がありますよね(´口`)

スポンサーリンク