玉ねぎを食べ過ぎるとどうなる!?

玉ねぎと言えば、和洋中を選ばず様々な料理に使われる食材ですよね(⌒~⌒)

肉じゃがやカレー、オニオンスープなどの料理の具材として使われることもあれば、ドレッシングやソースに刻んだ玉ねぎが使われていることも多いです。

また、輪切りにした玉ねぎをそのまま素揚げにしても程よく甘くて美味しいですし、新玉ねぎであれば鰹節とポン酢をかけても美味しく食べられます。

では、玉ねぎの栄養についてはどうなっているのでしょうか。

玉ねぎには、ケルセチンというポリフェノールの一種が含まれており、抗酸化作用や血流の流れを良くしてくれる効果が期待できます。

また、同じように血流の流れを良くしてくれる効果が期待できる栄養素として、硫化アリルという栄養素も含まれています。この硫化アリルが切ってるときに目がヒリヒリする成分です。

あらゆる場面で利用できる玉ねぎ、たくさん食べよう!!

スポンサーリンク

そんなあなたに「食べ過ぎ注意報。」

先ほど書いた玉ねぎに含まれている硫化アリルという成分は、実は他にもニンニクやニラなどにも含まれている成分です(⌒~⌒)

つまり、、、たくさん食べると臭います!!

また、硫化アリルの影響で玉ねぎを切っていると、目にしみてしまうように刺激が強いので、胃腸が弱いと胃痛や腹痛を伴うことがあるようです。

しかし、この玉ねぎに含まれる硫化アリルは切った後に水でさらすことで流れるので、多少調整できるようです。

スポンサーリンク

【結論】(⌒~⌒)

玉ねぎは美味しい!!

しかし・・・臭いがきつくなるかもよ!!

 

胃腸の弱い方はなお気を付けて!!

「食べ過ぎ注意報。」

何でも食べ過ぎは良くありません(⌒~⌒)

栄養のバランスを心がけていきましょう(⌒~⌒)

玉ねぎはペットにあげないでね(´口`)

スポンサーリンク