ちくわを食べ過ぎるとどうなる!?

ちくわ(竹輪)はお弁当のおかずや、おでんの具材、もう一品欲しいときの助っ人としても抜群ですよね(⌒~⌒)

そのままマヨネーズを付けて食べても良いですし、あの穴の開いた形状をうまいこと利用してきゅうりやチーズ、しその葉などと一緒に一口サイズにしても美味しいですよね。

そして、栄養価で考えてもちくわは低カロリーで高たんぱくな食べ物なのでダイエットのお供にもなります。

ちくわの原材料は白身魚のすり身が使われているのはみなさんもご存知だと思います。ですので白身魚に含まれるDHAやEPAを摂取することができるのです。DHAやEPAには血液の流れを良くする効果や中性脂肪を減らす効果も期待できます。

また、商品によって多少誤差はあるかもしれませんが、ちくわ1本(30g)で約35kcalくらいです。置き換えダイエットには持って来いですね。

ダイエットのためにも、美味しいちくわを食べて食べて食べまくって痩せるぞ!!

そんなあなたに「食べ過ぎ注意報。」

スポンサーリンク

ちくわは加工食品ですので塩分は気にしておく必要があります。塩分はむくみの原因になりますから、痩せようとして食べていたら顔が膨れてきた!!なんてことになってしまうかもしれません(⌒~⌒)

塩分の過剰摂取は高血圧になりますし、動脈硬化を引き起こす恐れもあります。また、腎臓にもとても負担をかけることになります。

先ほども書いたように、ちくわは他の食材と組み合わせて食べることも多いので、組み合わせる食材との塩分バランスも気にしておくべきでしょう。

そして、ちくわには食べ過ぎるとガンになるという恐ろしい話があります。ちくわは加工食品ですので添加物が使用されているからでしょう。

もし本当に心配なら、自家製のちくわ(竹輪)を作ることをおススメします。最近は、フードプロセッサーを使って意外と簡単に作ることが出来るようです。

【結論】(⌒~⌒)

ちくわ(竹輪)は美味しい!!

しかし・・・

塩分過多で顔むくむかもよ!!

添加物が気になるなら自分で作りましょう!!

「食べ過ぎ注意報。」

何でも食べ過ぎは良くありません(⌒~⌒)

栄養のバランスを心がけていきましょう(⌒~⌒)

ちくわ(竹輪)を使って望遠鏡の真似をしたことがあるのは自分だけではないはずです(´口`)

スポンサーリンク